最新F1情報
現在 ranking
2011年 F1 第11戦 ハンガリーGP 決勝結果
2011年 F1 第11戦 ハンガリーGP 予選結果
可夢偉「高温のハンガリーで僕らは有利に戦える」
2011年 F1 第11戦 ハンガリーGP 開催情報
ウエーバーとレッドブルが1年の契約延長で合意か?
「日本GPは安全」と可夢偉。F1ボスも3000枚のチケットを購入
2011年 F1 第10戦 ドイツGP 決勝結果
燃料違反でトロロッソのブエミが予選結果から除外。システム交換による汚染が原因か?
2011年 F1 第10戦 ドイツGP 予選結果
2011年 F1 第10戦 ドイツGP フリー走行2日目結果
2011年 F1 第10戦 ドイツGP フリー走行1回目結果
F1の新技術規則が発表、ピットレーン走行時は電気モードが義務付け
「2022年のフェラーリF1に乗りたい」と、ミハエル・シューマッハ
ピレリ、F1タイヤ形状の変更を計画
2011年 F1 第10戦 ドイツGP 開催情報
F1フランスGPの復活計画が進行中。開催は2013年の8月か9月!?
ロータス・ルノーGP、リスクを冒し風洞施設のアップグレードを実行
ルノー、F1残留は条件次第だと・・・
キャノピー、ウインドスクリーン・・・F1マシンのクローズド・コクピット案は却下
クビカ「ルノーでやり残したことがある」。来季F1復帰に意欲

2011年03月31日

2000年代のF1

220px-Michael_Schumacher_Canada_2006.jpg1983年以来長くタイトルから遠ざかっていたフェラーリは1999年にコンストラクターズタイトルを獲得すると、2000年から2004年までシューマッハとともに黄金時代を築いた。シューマッハは最多勝利(91勝)、ポールポジション獲得数(69回)などの歴代個人記録を更新し、2003年にはファンジオの持つワールドチャンピオン5回の大記録を塗りかえ、その数を7回まで伸ばした。

ポスト・シューマッハ世代のドライバーでは育成機関やGP2で経験を積み、20代前半で活躍する若手選手の存在が目立つ。220px-Fernando_Alonso_2005_Britain.jpgフェルナンド・アロンソは2003年に最年少優勝(22歳25日)、2005年に最年少チャンピオン(24歳58日)を記録するなど早熟の天才ぶりを発揮した。キミ・ライコネンはシューマッハの後任としてフェラーリ入りした2007年にチャンピオンに輝き、ケケ・ロズベルグ、ハッキネンに続く3人目のフィンランド人王者となった。

2008年には再び最年少記録が更新され、セバスチャン・ベッテルが初優勝(21歳73日)、ルイス・ハミルトンがチャンピオン(23歳300日)となる。ハミルトンはGP2出身者として、また黒人ドライバーとして初めての王者となった。

そして、現在へ・・続きを読む
posted by jukebox at 02:13| Comment(0) | F1歴史>F1の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。