最新F1情報
現在 ranking
2011年 F1 第11戦 ハンガリーGP 決勝結果
2011年 F1 第11戦 ハンガリーGP 予選結果
可夢偉「高温のハンガリーで僕らは有利に戦える」
2011年 F1 第11戦 ハンガリーGP 開催情報
ウエーバーとレッドブルが1年の契約延長で合意か?
「日本GPは安全」と可夢偉。F1ボスも3000枚のチケットを購入
2011年 F1 第10戦 ドイツGP 決勝結果
燃料違反でトロロッソのブエミが予選結果から除外。システム交換による汚染が原因か?
2011年 F1 第10戦 ドイツGP 予選結果
2011年 F1 第10戦 ドイツGP フリー走行2日目結果
2011年 F1 第10戦 ドイツGP フリー走行1回目結果
F1の新技術規則が発表、ピットレーン走行時は電気モードが義務付け
「2022年のフェラーリF1に乗りたい」と、ミハエル・シューマッハ
ピレリ、F1タイヤ形状の変更を計画
2011年 F1 第10戦 ドイツGP 開催情報
F1フランスGPの復活計画が進行中。開催は2013年の8月か9月!?
ロータス・ルノーGP、リスクを冒し風洞施設のアップグレードを実行
ルノー、F1残留は条件次第だと・・・
キャノピー、ウインドスクリーン・・・F1マシンのクローズド・コクピット案は却下
クビカ「ルノーでやり残したことがある」。来季F1復帰に意欲

2011年07月22日

F1の新技術規則が発表、ピットレーン走行時は電気モードが義務付け

pitlean0722.jpg FIA(国際自動車連盟)は20日、2014年のF1テクニカルレギュレーション案を発表した。さまざまな変更点が明らかになるなか、ピットレーンにおけるF1マシンは電気のみをエネルギー源として走行しなければならなくなる。

 FIAの発表によれば、2014年にはF1マシンはピットレーンではエレクトリックモードで走らなければならなくなる。
「マシンはピットレーンを走行するときには常に、エレクトリックモード(エンジンの点火および燃料供給なし)で走行されなければならない」と規則書に記されている。

 また、KERS(エネルギー回収システム)のパワーが現在の60kWから倍の120kWになる。

続きをRanking
 ギヤレシオもグランプリごとに変更することができなくなる。これに伴い、前進ギヤが8速に増やされるが、2014年に限り、シーズンを通して1度だけ新たなギヤレシオへの変更が許される。

 新たな1.6リッターV6エンジンは15,000rpm(回転/分)に制限される。90度V型は変わらず、最大燃料流量は100kg/hに制限される。
 新エンジンのサイズと材質は、現在のV8エンジンより詳細に決められる。

 現在はマシンをスタートさせるために外部のスターターを用いているが、2014年にはドライバーは外部のアシストなしにマシンをスタートさせることができるようになる。
「ドライバーが通常の状態でシートについているときにはいつでも、外部のアシストなしにエンジンをスタートさせることが可能でなければならない」とレギュレーションには記されている。つまり、エンジンストールによるリタイアはなくなるだろう。

 フロントウイングのサイズは、現在はマシンの幅1,800mmまで許されたが、2014年からは1,650mmまでに制限される。

Rankingを見る>> 人気ブログランキングへ >>他のF1記事を探す Yahoo [引用元]
posted by jukebox at 08:08| Comment(0) | F1ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。